EDITOR’S REPORT

「トレタ」の目指す、飲食店の生産性革命(その3)

ー トレタが打ち出す、これからの飲食店経営の未来

FOODITは「外食の未来が生まれる場所を作ろう」という趣旨ではじまったカンファレンスです。開催3回目となる「FOODIT TOKYO 2017」では約1,000人が来場し、外食産業のブラック化・人手不足など”生産性”をテーマに、著名人による多くのセッションが行われました。
第4回目となる今年は2018年9月13日(木)東京ミッドタウンホールにて開催いたします。
詳細はFOODIT TOKYO 2018ページをご覧ください。

・スピーカー
中村 仁(株式会社トレタ代表取締役)
・日時:2017年9月21日、FOODIT TOKYO 2017、A会場、15:00〜15:45


 

ー 「常連革命」が未来の外食産業を変える

「私たちが考える「常連革命」は、予約受付管理からはじまります。

今までは、予約受付は人が対応していました。電話で予約を受け、書いて管理する。それらをもとに、何回も試行錯誤を重ねテーブルマネジメントを行うのですが、これには非常に高度な技術が必要でした。さらに実際にお客さまが来られたら記憶力にもとづいて接客を行なっていました。お客さまが帰られた後は手作業でDMを送り再来店を促すという非常に非効率なことをやっていました。
そしてこれらの業務がそれぞれ孤立していて連動性があまりないわけです。

トレタは、それを繋ごうというプラットフォームになろうとしているのです。そのために、様々な新しい機能を開発してきました」

ー トレタが打ち出す、これからの飲食店経営の未来

「予約受付では「トレタフォン」というものがあります。電話に出る際にこの人が新規か2回目か3回目かといったことが電話に出る時点で画面に表示されるツールで、これを使ってコールセンターを作ったなどの事例もあります。これまではコールセンターの構築には数千万円がかかっていましたが、数十分の一にコストを抑えられた。極めて合理的で、接客レベルの高い、心地よい電話対応をされているわけです。

また「メディアコントローラー」というものも開発中で、様々なグルメ媒体からの予約を一括管理、リピート率なども計測できるという機能でメディアの集客力を測定することができます。

過酷な予約を正確に管理できることはトレタの強みです。また、当日キャンセルが出ると裏側で常連へ向けて「本日お席が空きました」というお知らせメールが行き、キャンセルに対して新しい予約を取るというリスクヘッジをする機能も開発中です。

接客では、一人ひとりのスタッフがお客さまの情報を覚えることは困難なのでデータの力を使って満足度をあげます。「POSコネクト」というサービスで、この人は前回の来店で、何を頼んでいくら使ったのかをすぐに確認できます。

最後に、再来店誘導ではお客さまにDMを送ります。今までのCRM系のサービスではお客さまの情報を無視して大量に一斉配信するといったDMが用いられており、むしろ迷惑メールだと思われ、お店の評判を下げる可能性もあります。これでは意味が無いので、お客さまの来店回数や好きなメニュー、来店間隔に合わせて自動でDMが配信されるというサービスも計画中です。

また、先日「カスタマーボイス」というアンケート機能をリリースしました。これまでアンケートを実施しようとすると、紙のアンケートをテーブルにおいておくか覆面調査しかなく、正しい調査が難しい上に、やろうとすると時間やお金がかかっていました。カスタマーボイスは、お客さまが帰られたタイミングに自動でアンケートが配信され、自動で集計され、いつでも結果が確認できるといったものです。これを見るとどういう問題があってどういう改善をすればよいのかということが分かるようになってきます」

ー コネクテッド・レストランとは

「予約の時点で掴んだお客さまのデータを、その後の業務に活かしていくことが重要です。これによって予約受付時から再来店誘導までのプロセスをグルグル回すことができます。回れば回るほどお客さまのデータは溜まり、より貴重なものになっていく。このサイクルが回ることでお店が伸びていく。このようなお店をConnected Restaurant(コネクテッド・レストラン)と呼んでいます。こういう仕組みで顧客と繋がる仕組みづくりを広めていきます」

ー CRMの再定義

「CRMは本来顧客との関係性づくりのための仕組みですが、今の飲食業界ではポイントカードやDMといった、非常に狭い領域で捉えられてしまっています。しかし今後の飲食業界に必要になってくるのは、いかにしてお客さまとの関係性を築くか。その観点でいくと、飲食店でもっとも重要なのは”店内での接客”です。接客の質を上げていかなければ、どんなDMを送っても、どんなポイントを付けても、それだけでお客さまが増えるわけがない。そのときに重要になってくるのが顧客データ。この人はどういう人なのかということを、データに基づいて接客に利用していくことが重要です。さらに、この顧客データがどんどん溜まっていけば再来店促進も質が高いものになっていきます。」

つまり、顧客データを中心に、店内接客を改善するためのツールのご提供、環境づくりをしながら、そこで溜まっていくデータを使って再来店促進をかけていく、それらをもっと簡単にできる仕組みを提供していくというのがトレタの取り組みです。

われわれトレタは予約管理ではなく、繁盛を売る会社です。これからトレタというツールを中心にいろいろな取り組みをしてまいりますので、今後もトレタをどうぞよろしくお願いします」

 

FOODIT TOKYO 2018の詳細はこちら

FOODIT TOKYO 2018
@ Tokyo Midtown Hall

開催日時:2018年9月13日(木) 11:50 - 19:00
場所:東京ミッドタウンホール

チケットはこちらから

FOODIT TOKYO 2018
@ Tokyo Midtown Hall

開催日時:2018年9月13日(木) 11:50 - 19:00
場所:東京ミッドタウンホール

チケットはこちらから